理系大卒、恋愛経験なし、出会い無し… そんなモテない30代サラリーマンでも合コン後のデート確約率100%が実現できる究極モテファッションを知りたくありませんか?

menu

30代メンズ必見!モテファッション.jp〜好感度1.5倍の新法則〜

インナーダウンのメンズ着こなしを徹底解説!おすすめ商品も紹介!

innerdown_icatch

今注目のインナーダウンですが、着こなしを間違うと
逆にダサくなってしまうリスクが高いです。
そこでインナーダウンの正しい活用方法とポイント、
具体的なコーディネート例からおすすめ商品まで徹底解説します。↓↓


Sponsored Links






◆インナーダウンの活用ポイントとは!?

冒頭で述べたように、流行のインナーダウンも
着こなし次第ではダサいアイテムに成り下がってしまいます。
何でもかんでも重ね着すればよいという代物ではありません。
またインナーダウン自体のデザイン選びにも気をつけるべきです。
ではどのようなポイントに気をつければよいのでしょうか?
早速解説していきましょう。


(1)あくまで秋アウターの防寒性強化のために使う
 インナーダウンの最大のメリットは温度調節です。
 真冬に着るには少し薄いと感じるアウターも、
 インナーダウンを着込むことで真冬に対応可能になります。
 よってチェスターコートや、ウールのテーラードジャケット等
 軽快でスタイリッシュなアウターの中に着ましょう。
 アウトドア系やミリタリー系のアウターに合わせるのはNGです。
 (詳細はNGコーデ例で解説します)

 
(2)ノーカラー(襟無し)の商品を選ぶ
 インナーダウンあくまでコーディネートの脇役です。
 アパレル業界はインナーダウンを流行らせようと、
 全面に押し出すようなコーディネートを広告に載せていますが、
 本来はさりげなくチラッと見える位が格好良いのです。
 その際、ノーカラー(襟が無い)のデザインを選ぶことで
 自然と主張が控えめになります。参考画像↓↓
 no_collar_example


(3)外しアイテムとして取り入れる
 インナーダウンはモコモコとした凹凸シルエットと、
 テカテカとしたナイロン素材の質感が相まって、
 非常にカジュアル感が強いアイテムです。
 よってドレス感が強いアウターに合わせ、
 コーディネート全体もドレッシーにまとめつつ
 “外しアイテム”としてインナーダウンを取り入れると
 簡単におしゃれなバランスを実現できます。

 参考:ドレスとカジュアルのバランスをとってお洒落を極める方法


以上3点のポイントを押さえることで、
インナーダウンをオシャレに着こなすことができます。
とはいえ、文章だけではなかなかピンと来ない方のため
次は具体的なコーディネート画像を紹介しています。↓↓



Sponsored Links







◆おしゃれな着こなし・活用例はこれだ!

(1)ウール素材のテーラードジャケットに合わせる
inner_down_code01
 ウールのテーラードジャケットは、秋はアウターとして、
 冬はトップスとして着るのが一般的ですが、
 インナーダウンを活用すれば、冬でもアウターとして
 着ることができます。
 画像のように襟付きシャツにネクタイ、タイトなブラックジーンズ等
 ドレッシーなアイテムで全体をまとめていき、
 インナーダウンを外しアイテムとして効かせましょう。
 ドレス感とカジュアル感のバランスがうまく取れます。
 

(2)流行のチェスターコートに合わせる
inner_down_code02
 チェスターコートにもバッチリ合います。
 テーラードジャケットの時と同様に、
 スラックスを合わせ、全体の色味を抑える等、
 ドレッシーにまとめつつ、外しアイテムとして
 インナーダウンを使いましょう。
 画像のようにマフラーで首元を隠すとインナーダウンはチラ見せとなり、
 主張がさりげなくなるのでお洒落です。


(3)その他、モードなロングコートに合わせる
 inner_down_code03
 シンプルで細身のモッズコートや、ステンカラーコート等
 モードなロングコートに合わせるとバランスが取りやすいです。


さて、お洒落な着こなし例を確認したところで、
やってはいけないNGコーデも知っておきましょう!↓↓




◆NGコーデ例を要チェック!

(1)挿し色に使う
  inner_down_NGcode01
 活用ポイントで解説したとおり、
 インナーダウンはあくまで「脇役としてさりげなく」が鉄則です。
 挿し色としての使用すると主張が強すぎます。
 これを推奨するアパレルサイトも存在しますが、
 残念ながら大人のメンズが目指すべきモテファッションではありません。


(2)アウトドア用のアウターに合わせる
  inner_down_NGcode02
 マウンテンパーカ等のアウトドア用アウターに合わせるのは
 本来のインナーダウンの使用法としては正しいのですが、
 街着として活用するにはカジュアル過ぎて適しません。


(3)カジュアルアイテムでまとめる
  inner_down_NGcode03
 カジュアルなダッフルコートに、チノパン、スニーカー等
 ドレッシーなアイテムを取り入れずにコーディネートした場合、
 間違いなく子供っぽくなってしまいます。


いかがでしたでしょうか?
それでは最後に、圧倒的なコストパフォーマンスを誇る
イチオシのインナーダウン商品を紹介します。↓↓



Sponsored Links






◆コスパ最強のおすすめインナーダウン

uniqlo_inner_down
UNIQLO ウルトラライトダウンコンパクトVネックベスト \3,990(税抜)

おなじみのユニクロで非常に使えるアイテムが販売されています。
デザインがシンプルで使い勝手も抜群。暖かさも申し分なしです。
こういったトレンドアイテムは、なるべく安く仕入れるのが
賢い買い物の仕方といえます。
こちらの商品は一度完売になり、再リリースされたものなので
気になる方は早めに入手しておくのが良さそうです。




【おすすめ記事】

白シャツおすすめメンズブランド!3,800円の安さで驚異の高品質!

30代メンズブーツの選び方!モテる大人が履くべき靴とは?

ユニクロメンズ冬のおすすめはコレ!コーディネート活用例も一挙公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

クールビズ

プロフィール


モテファッションコンサルタントのhaseです。
モテる大人のメンズファッションについて、
どこよりも具体的なコーディネート提案と、
コストパフォーマンスに優れた使えるアイテムの紹介
をメインに情報発信していきます。

メンズファッションブログの
人気ランキングで1位を獲得!
 ⇒実績はコチラ

アクセス数

  • 1547622総訪問者数:
  • 1135今日の訪問者数:
  • 12現在オンライン中の人数: