理系大卒、恋愛経験なし、出会い無し… そんなモテない30代サラリーマンでも合コン後のデート確約率100%が実現できる究極モテファッションを知りたくありませんか?

menu

30代メンズ必見!モテファッション.jp〜好感度1.5倍の新法則〜

ネット通販で服を買う際に失敗しない方法

zozo_town

楽天やAmazonなどが爆発的に普及し、
今ではどんなものもネットで買えてしまう時代です。
そこで洋服や服飾雑貨をネット通販で買いたいシーンも増えてきました。
しかし実物を見ないでモノを購入するのは、どうしてもリスクがあります。
ということで今日は、通販で服を買う際に失敗しない方法をご紹介します。

Sponsored Links


今やネット通販は本当に便利になりましたね。
欲しいものは大抵ネットで手に入ります。
そして価格設定も安く、送料も無料だったりと、
モノによっては実店舗よりも遥かにお得に買い物が出来たりします。

さて、そうなれば洋服や小物等をネットで買いたいシーンも当然出てきます。

欲しいブランドの取り扱いが無い地域に住んでいる場合…

買い物に出かけるための、まとまった時間が取れない場合…

実店舗では欲しい商品が品切れだった場合…

そもそもネットショップ限定の商品が欲しい場合…

そんな時こそ頼りになるネット通販ですが、
実物を確認できないためどうしてもリスクがつきまといます。
そこで今回は、ネット通販で服を買う際のリスクを
可能な限り小さくするためのテクニックをご紹介します。



Sponsored Links



◆1.採寸した手持ちの服との比較で『バーチャル試着』をする


そもそもネット通販で服を買って失敗する理由は何でしょうか?

…それはズバリ、情報が不足しているからです。

実店舗では実物を見て、試着することで、
正しいサイズ感、素材感、色味などの情報を得る事ができます。
一方ネットショップの場合、画面に表示された、
たかだか数MBの情報しか得る事ができないため、
それだけを頼りに購入を決断するのは確かに難しいことです。
決められたアングルで撮られた数枚の画像を頼りに、
サイズ感、素材感、色味などを判断しなければいけません。

今でこそ大手ネットショップはユーザの利便性を意識して
多くの参考画像を掲載するようになりましたので、
素材感、色味などは比較的正確に知る事ができるようになりました。
しかしどうしても “サイズ感” だけは、
試着せずに判断するのは難しいです。

よって、ネット通販で服を買う際は
サイズ感の判断をより正確に行うように意識しましょう。

では具体的にはどうすれば、
より正確なサイズ感が掴めるのでしょうか。
対策としてお勧めなのが “バーチャル試着”(管理人命名) です。
以下に手順を記します。

(1)まず、買いたい服と同じ形の服を用意しましょう。
 Tシャツを買うならTシャツ、セーターならセーターです。

(2)次に用意した手持ちの服を採寸します。
 採寸方法は、大体は商品ページの備考などに書いてあります。

(3)更に、採寸した手持ちの服と、購入したい服の寸法の差異を確認します。
 欲しい服の着丈は、手持ちの服より2cm長い、などポイントごとに確認します。

(4)最後に手持ちの服を着て鏡の前に立ち、先ほど確認した寸法の差を脳内で想像します。
 「この服より着丈が2cm長いということは、ベルトはすっぽり隠れるな〜」などなど。

これをやることで、買おうとしている服のサイズ感を
より具体的にイメージすることが出来るようになります。
サイズ表をただ見るだけではなく、
実際に手元にある服との比較でイメージを補う
というのがこの手法のミソですね。
詳しいやり方を以下で解説します。↓↓↓






◆実際にやってみよう


大手ファッション通販サイト「zozotown」にて
気になった商品を例に実際にやってみます。
商品はコチラ↓↓↓のニット。(売り切れですが(笑))
studios01

まず商品ページのサイズ表をチェックします。↓↓↓
size

続いて、サイズ表の下にあるサイズガイド(測り方)へリンクし
書いてある採寸方法を確認します。↓↓↓
size_guide01
size_guide02

次に実際に手持ちのニットを採寸してみます。↓↓↓
measure

採寸の結果、

【私の手持ちのニット】
着丈:肩幅:身幅:袖丈
60:43:45:60

【欲しい商品】
着丈:肩幅:身幅:袖丈
63:39:45:62

【両者の差分】
着丈:肩幅:身幅:袖丈
+3:−4:±0:−2

でした。

さて、これを踏まえて手持ちのニットを試着してみました。
その結果、
 ・着丈は手持ちがジャストサイズなので、欲しい商品はやや長め
 ・肩幅は手持ちが2cm程余り気味だが、欲しい商品だと逆に小さい
 ・身幅は手持ちがジャストサイズなので、欲しい商品もジャスト
 ・袖丈は手持ちがジャストなので、欲しい商品はやや長いが、肩幅が狭まる分は中和される
ということが分かりました。

ここまで分かれば後は、
「値段が安いから買ってしまおう!」とか
「ちょっと肩幅が不安だからやめておこう」とか
何かしらの判断ができるようになります。

さて次はもう少し手軽にできる対策を紹介します。



Sponsored Links


◆2.商品名・品番で検索し、複数のショップを参考にする


ある程度名のあるブランド物などの場合、
商品名や品番を検索すれば、いろいろなショップがヒットする場合があります。
これをやることで、複数の販売ページから
商品画像や、購入者のレビューといった情報が得られます。

サイズについてもショップ側の測り方によって
若干の誤差がありますので、
複数ショップの採寸値を平均することでより精度が高い
サイズを知る事が出来ます。

以下が実例です。

Marka というブランドのチノパンです。
marka01
marka02

商品詳細に品番が掲載されているためGoogle検索してみます。
すると、
google
このようにいろいろなショップの販売ページがヒットしました。

ただし、ネットショップの販売ページには
そもそもメーカー側が設定している正式な商品名や品番が記載されていない
場合も多々あるため、こちらのテクニックは使える商品が限られてしまいます。






◆あとがき


いかがでしたでしょうか。
ネット通販は確かにリスキーな一面もありますが、
非常に便利ですので、使わないと逆に損をする場面もあります。
ある程度コツを掴んで上手く活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大人のキレイめ100のコーデ

プロフィール


モテファッションコンサルタントのhaseです。
モテる大人のメンズファッションについて、
どこよりも具体的なコーディネート提案と、
コストパフォーマンスに優れた使えるアイテムの紹介
をメインに情報発信していきます。

メンズファッションブログの
人気ランキングで1位を獲得!
 ⇒実績はコチラ

アクセス数

  • 1997552総訪問者数:
  • 285今日の訪問者数:
  • 7現在オンライン中の人数: